使用している楽器・機材

2014年12月4日木曜日

パラダイス・鹿

みなさま わんばんこ。

ホントにふざけた大人になってしまいましたね。何なんでしょう、『わんばんこ』て。

まぁそんなことは大した問題じゃありません。話を進めましょうよ。

見てください。
あら、かわらしい。

ぃゃーーーーーーーん
そうです。
奈良公園の鹿のみなさんです。超かわいいでございましょう。
この鹿のみなさん、さすがは1700年の都にお住まいとあって、人がたくさんいても全く動じることがありません。
通り過ぎざまに背中をぽむぽむと撫でようが、おデコをふりふりと触ろうが、全然問題ナシヲ。

コレ幸いと、思う存分戯れて参りました。

このバンビちゃんちょっと恥ずかしそうですが・・・


後でもう一回迫ったら、ちゅってしてくれたんだな。

わーわーわー!! かわいい〜〜〜!!

大きい鹿さんは、余裕。   






ほっぺ撫でさせてくれたり
指で遊んだり。素敵なんだな。
でもね、鹿せんべいあげるじゃないですか。せっかく奈良公園に来たんだから。

そしたらね。
右下の鹿さんに注目ですよ。
明らかに、私の太ももをカジってる。コラ。

まぁね、セーターを横から甘噛みして引っ張って「こっちこっち!」×3回
お尻に頭突きして「ちょーーーーだいっ!!」×4、5回
太ももに鼻押し付けて鼻水付けまくり!!×カウント不能
阿鼻叫喚ですよ。

ハッキリ言って、ちょっと怖い。

年甲斐もなくきゃーきゃー騒いでしまって、周りの観光客のみなさまに、大変注目されてしまった。穴があったら入りたかった・・・あほーーーあほーーーーー。
 
ぱんだ、大人気。大満足。

大暴れですよ。アイツら。超かわいい。

ヤバい。また行きたい。

コツはアレです。
鹿せんべい売ってるおばちゃんの前に立った時点で数頭が反応。
お財布を出したところでさらに数頭がこちらを狙ってる視線を感じる。
なので、奈良公園に辿り着く前に、150円を握りしめておくことが重要。
そしておばちゃんから鹿せんべいを受け取るや否や、封の紙をねじ切って鹿せんべいを割ながら、鹿のみなさんを先導するように移動しながら雄から先にあげる。
雌も油断してると鼻水付けにくるので、その辺は近いところからまんべんなく。
たぶん、お腹空かしてるやつと、気が強いやつが前に来る&攻撃的なんだと思うんですよね。
あと、お出掛け着で行くと思うけど、鹿のみなさんに鹿せんべいあげたい人は、引っ張られても大丈夫な羽織れるものを持ってって、羽織った方がいいですね。

そこまでする・・・?

ぁ。熱く語ってしまった。

もし奈良公園に行くことがあったら、ぜひやってみてください。
鹿のみなさん、とてもかわいいです。
鹿せんべいあげなくても、とてもかわいいです。