使用している楽器・機材

2016年7月5日火曜日

弄ったり走ったり

こんばんワン。

梅雨の長い中休みで毎日バカほど暑いですね。
今日も関西は35度を越えるところがちらほら。ひょえぇぇ。

真夏が恐ろしい。


さて。

相変わらず自転車に夢中のSasakama Studio、この度DAHON Boardwalk D7のグリップ交換&ヘッドライト・テールライトの装着完了でございます。

テヘ。

Chiquewa御大のNewアルバムの制作もちゃんと進んでるんですよ!
そろそろドラムの録音するんですから。えぇ。


まずはヘッドライト。色んな兼ね合いで、何故かChiquewa御大が買ってくれることになり、相談した結果GENTOS『閃』SG-355Bというやつになりました。

某大手CAT◯YEの、同じぐらいの明るさのライトに比べてお安いめのお値段で、本体も小さくて懐中電灯にもなって(ケース、ストラップ付属)、パイプホルダーもちゃんと付いてる。
おまけにフォーカスコントロール機能が付いてて、本体の先っちょをクルクルと廻せば照らす範囲を広げたり狭めたり出来ちゃうんです。とても使い勝手が良い。
点滅もちゃんと出来ます。

短所(というか何と言うか)は単4電池3本で動くという実に中途半端な感じ。。。

それぐらいかな。ぁ、下向きに付けるとちょっと落ちそうですね。若干緩そう。
なので上向きに付けてます。

本体表面の質感も◯。

左が先端。ギザギザ部分を持って廻す。


付属のケース。


付属のストラップ。


パイプホルダー。


実際装着して夜の街を流してみましたが、思ってたよりもとても明るく、街灯があまり明るくない南大阪の夜でもちゃんと走ることができました。
コレはとても良いモノです。Chiquewaちゃん、ありがとう。


そしてテールライト。

こちらはCATEYEにしました。超定番ですな。

みんな大好きOMNI 5。

コレはもう文句なし。
Chiquewa御大が前から持ってたやつとちょっと違うんですね・・・。
裏面も透明になって、中の反射板がちょっと変わったのか何なのか、とても派手に光ります。

あと、ちょっとだけ大きくなったのかな。なってないか。

上が旧品。下が新品。
ちなみにライト本体に巻いてある黒いのは、外された自転車のチューブを細く切ったもの。
バラけ防止だそうです。

そして、グリップ
コレはね、Boardwalkの元々付いてたグリップがあまりに『ただオシャレなだけ』の代物だったため、長距離にも向かないしこれから夏を迎えようと言うのにトゥルットゥル滑るし、というので交換しました。

本当は、ブルホーンハンドルに交換したかったんですけど、ちょっと危ないじゃないですか、アレ。

あと、Boardwalkはフォールディングバイクなのに折り畳めなくなっちゃうし。
輪行出来なくなったら本末転倒!!

ってなワケで、ERGON GS2-Sというグリップにしましたよ。

じゃん。

だいぶスポーティーになりました。

GENTOS閃も付けました。


素敵じゃろ。

で、コレ付けて嬉しかったのもあって、ちょっと南大阪を走ってきました。
箱作(はこつくり)というところまで。
『ピチピチビーチ』っちゅーなんとも浮かれた名前の海水浴場があるんでっせ。


ピチピチビーチでポーズを決める練り物さま。

ちょっと気の早い1団のみなさんが、海に入ってバシャバシャしてましたよ。


あっっっっつい。

Chiquewa御大は、波打ち際まで行ってワカメ拾って見せてくれてました。
わたしは足の裏が痛そうだから行きませんでした。

実際痛かったらしい。行かなくてよかった。

自転車心配だしね。


「ほれほれ、ワカメ」ってやってるところ。


この日、初めて総走行距離50kmを越えました。53.7kmだっけな。

やったな。

次は60kmや〜!とか思ったけど、もう夏だしムリかも。


そう言えば行きの道中、山の斜面近くの信号で止まってたら蝉がね。鳴いてましたよ。
クマ蝉でしたよ。


あっっっっっっっつ。


みなさまも熱中症にはくれぐれもご注意ください。



じゃ。